心に余裕が無くなったら更年期障害を疑おう

日本人に多いがん

お腹を触る男性

胃がんは、塩分の多い食生活や喫煙によって発症しやすくなると言われています。また、ピロリ菌の存在も可能性が高くなってしまうので、疑いのある年齢は検査を受けていくのが適しています。胃がんは手術でがんを摘出していき、化学療法や放射線療法によってもがんを抑制していきます。

もっと見る

胆管の表面にできるがん

しゃがむ女性

胆管がんは、胆管の表面の膜に発生するがんのことです。主な症状としては黄疸や食欲不振があり、さらに進むと痛みや発熱も現れます。特に胆石を持っている人や、脂肪分の摂取が多い人が罹りやすい傾向があります。自覚症状が出にくいため、定期検診で超音波やCT、MRI、あるいはPET検査をするのがお勧めです。

もっと見る

専門科で治療可能です

頭を抱える女性

婦人科に相談しましょう

女性の体は45歳から徐々に女性ホルモンの分泌が減少していき、閉経へと準備を始めます。このため、この時期に体調がすぐれないと感じる女性が増加傾向です。特に生活に支障が出るものを更年期障害といい、様々な治療方法や対策をしてこの時期を乗り越える必要があるのです。日常生活に支障をきたしてしまうほどの更年期障害を感じる場合には、婦人科を一度受診してみることをおすすめします。婦人科を受診するとホルモン療法や漢方などの処方をして、不調の改善に努めてくれます。すぐには変化が見られなくても、気が付くと以前よりも体がラクになっていたなどの、体調の変化に気が付くため、辛い症状があるひとは早めに受診をおすすめします。

ホルモンバランスを保つ

更年期障害は急激な女性ホルモンの減少によって、体がついていけずに発生するものです。体調不良の代表は倦怠感やホットフラッシュ、うつなどです。気分の落ち込みなどは直接生活に支障が出てくるため、早めの対策が必要になるのです。更年期障害の対策方法として最も行われているのが、ホルモン療法ですが、これは薬によって、ホルモンバランスをとって体調不良を軽減するものです。体の中の女性ホルモンのバランスをとることによって、更年期障害に伴う体調不良を大幅に軽減することが可能です。更年期障害が訪れる女性の年齢の多くが、まだ子育て中や仕事をしている世代です。このため、体調不良があっても無理をして生活をしなければならない場合もあるため、早急に対策することをおすすめします。

入院以外の選択肢もある

患者と看護師

入院や通院と異なり、自宅で治療をする在宅医療は住み慣れた家で行えるので安心でき、ストレスも少ないです。世田谷区では大きめの病院であれば複数の科をまたいでのサポートが手厚く受けられます。また小さめの医療施設では、丁寧な治療が多くの人に支持されています。

もっと見る