入院以外の選択肢もある|心に余裕が無くなったら更年期障害を疑おう

心に余裕が無くなったら更年期障害を疑おう

入院以外の選択肢もある

患者と看護師

住み慣れた環境で治療する

本来なら病院に入院をして受ける治療を、あえて自宅で受けさせてもらうのが在宅医療です。さまざまな理由からこの在宅医療を選択する患者さんが少しずつ増えていますが、まずは従来の治療法と在宅医療の違いを理解するのが重要です。病院のなかにあるベッドに入院をするケースでは、すぐそばにお医者さんや看護師さんがいるため、万が一の事態にはすぐに駆けつけてもらえるので安心です。また、患者さんの家族に対する負担が軽くなるのもポイントのひとつで、治療の大部分を病院に任せてしまえますから仕事などとの両立が可能で、結果として経済的な負担も小さくなり、最適な治療を受けられる可能性も高くなります。これに対して、在宅医療の長所は住み慣れた我が家での治療は、まわりにほかの患者さんの目がないため、行動に対して制約が生じないのが長所です。新しい環境での生活は年齢に関係なく大なり小なりのストレスがかかるもので、それが病気に対して悪影響を及ぼす恐れがあるのであれば在宅医療を積極的に利用してみるべきです。

大まかにイメージをつかむ

在宅医療は病院やお医者さんのサポートがあってこそ成り立つものです。世田谷区のなかには大小さまざまな病院がありますが、この時にお願いをする病院によって在宅医療の中身が少し変わるのは知っておいた方がいいでしょう。世田谷区内の大学病院などをはじめとする大きめの病院だと複数の科が併設されているので手厚い治療が受けやすくなります。病気に対するケアはどこかひとつの科だけで成立するものではなく、いろいろな分野の専門家たちの助けがやはり必要です。これに対して、世田谷区の住宅街などにある個人医院が行っている在宅医療だと懇切丁寧に治療を行ってくれる傾向が強いです。病院の規模が小さくなる分だけすべての患者さんにしっかりと目が届きやすくなり、それが日常におけるちょっとした変化を発見しやすくなるなどのメリットを生んでくれます。在宅医療を過去に何度も利用した経験がある人の方がまれで、基本的には初めてお願いする人がほとんどですから、世田谷区内のどの病院がどんな在宅医療を行っているのかを少し調べてみると大まかにそのイメージがつかめます。